弊社工場内
精密成型品
各種射出成型品
JR関係製品
@ 切削加工……素材の切削

A 接着加工……素材の接着

B 曲げ加工……素材の熱曲げ

C 溶接加工……素材の溶接(主に塩ビ)

D 溶着加工……超音波溶着

プラスチックの素材(シート・丸棒・パイプ等) 加工法  
加熱流動化させたプラスチックをダイを通して連続的に押し出すことにより成形する方法。
ダイの出口の形状の成型品が連続的に得られる。
C 押出成形
押出機から熱可塑性樹脂のチューブ(このチューブをパリソンという)を押し出し、
柔らかい間に金型で挟み、チューブ内に空気を吹き込んでふくらませると同時に
冷却すれば瓶の様な中空の成型品ができる。
B 中空(ブロー)成形 
この成形法は熱硬化性、熱可塑性のいずれのプラスチックにも適用できる。
原理的にはシリンダーの中で加熱流動化させた成形材料を高圧で金型内
に射出し、金型を加熱し硬化(熱硬化性樹脂)させるか、金型を冷却し固化
(熱可塑性樹脂)するのを待って金型を開いて成型品を取り出す。
A 射出成形
主に熱硬化性樹脂の成形に利用されるが現在は成形能率が悪いため少なくなっている。
成型品及び加工品
加熱した金型に成形材料(通常粉末または顆粒状)を入れて型を閉じ、
プレスで加圧して硬化させる。成形材料は加熱されていったん流動
状態となり、同時に加圧されて型の隅々にまで行きわたる。そして
まもなく化学反応により硬化するから適当な時間がたってから型を
開いて成型品を取り出す。
@ 圧縮成型
プラスチックの成形法
バー
TOP会社案内樹脂の種類|成型品及び加工品素材販売