樹脂の種類
熱硬化性樹脂とは熱を加えると流動状態になり、さらに熱を加えると固化します。固化したものは再度加熱しても
         流動状態にはなりません。いわば卵やビスケットの様な性質をもっている樹脂です。
           
フェノール樹脂・ポリエステル樹脂・エポキシ樹脂・ユリア樹脂・メラミン樹脂 等

         
特徴 … 比較的耐熱性、耐溶剤性に優れ熱による変形が少ない。
                成型品にバリが発生するためバリ取りなどの二次加工が必要である。

             
   成型後は全く成形性を失っているためスクラップの再生はできない。
                比較的もろい。  



熱可塑性樹脂とは熱を加えると流動状態になり、冷却すると固化しますが、再度加熱すると再び流動状態になります。
           いわばチョコレートやバターの様な性質をもっている樹脂です。

           ポリエチレン樹脂・ポリプロピレン樹脂・塩ビ・ABS・アクリル・スチロール・ポリカーボネート

          
 ナイロン・ポリアセタール・ペット  等数多くの樹脂の種類があります。

        
 特徴 … 一般に軽くて丈夫で美しい。
                成形法が割合に簡単で能率的に製品を作ることができる。

                
電気的性質、耐水、耐油、耐食性に優れたものが多い。
                耐熱性、耐溶剤性、強度などの性質は千差万別である。
                スクラップなどの再生は可能である
プラスチックには、その化学構造からくる性質上

熱硬化性樹脂熱可塑性樹脂 

の二つに大別されます。
バー バー
TOP会社案内|樹脂の種類|成型品及び加工品素材販売